子供の身長を伸ばすには亜鉛が効果的?効果やどんな食品に含まれているのか

食事・栄養

「亜鉛」とはどんな栄養素か知っていますか?

聞いたことはあるけれど詳しくはわからないという人もいます。私もそうでした。

 

 

体に必要なのは知っているけど・・・

くらいの認識ではないでしょうか?

 

実はあんまりよく知らない”亜鉛”にはどんな効果があるのか?どんなものに含まれているのか?

また、どのくらいの量をとればいいのか?などの知っておきたいですよね?

 

 

亜鉛を摂取すると子供の成長にどんな効果をもたらすのでしょうか。

亜鉛について効果や量や摂取量などをご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

亜鉛ってどんな効果があるの?

 

名前は聞いたことはあるけれど、実は詳しく知らない。

そんな亜鉛を摂取するとどんな効果があるのでしょうか?

 

1.精神状態の安定

亜鉛は神経細胞間の刺激伝達物質を合成する成分です。

脳の機能を高め、精神を安定させるためには必要な栄養素です。

落ち込んでしまったり、イライラしたりするようなことを解消することができるのです。

 

 

亜鉛が不足していると落ち込みやすくなってしまったり、うつ病になってしまったりしてしまいます。

子供がいきなりキレてしまうのも亜鉛が不足していることになります。

この効果はカルシウムと似ていますね、カルシウムと合わせてとることで、より精神的に安定するのではないでしょうか?

 

2.免疫力の上昇

亜鉛には免疫細胞の働きを活性化させる作用があります。

活性酸素を除去する酵素の働きを助け生活習慣病からも体を守る効果があります。

ビタミンAを体の中に保てる働きもあるので風邪の症状の改善にも期待できます。

 

 

健康に不可欠な免疫をサポートできることで、より栄養を体を作ることに使うことができますね。

風邪などで体力が落ちないように根本からサポートしてくれるのは頼もしいですね。

 

3.正常な味覚

舌に味蕾という器官があって、細胞の新陳代謝を繰り返して正常な味覚を保っています。

亜鉛が不足すると細胞の新陳代謝が滞ってしまい、正常な味覚を保てなくなります。

甘いものが苦く感じてしまうとか、味がわからなくなってしまうという味覚障害が起こります。

若い年代には特に増加しているので子供のためには欠かせない栄養素と言えます。

 

 

おいしいものの味がわからなくなるのはかわいそうですよね。

毎日の食事を楽しく取ってもらうためにも味覚は正常でいてほしいですね。

 

4.成長と発育

亜鉛をたんぱく質と合わせて摂取すると、全身の新陳代謝が活性化されます。

 

新陳代謝が活発である時期に亜鉛は必要量が増加します。

 

成長期ときには亜鉛を積極的に摂取する必要がありますね。

 

5.肌と髪の健康維持

皮膚も髪の毛もたんぱく質でできているので亜鉛を摂取するとたんぱく質の代謝を促して肌や髪のトラブルを改善します。

子供の肌荒れや髪の毛のトラブルをなくすことができます。

 

 

亜鉛が不足状態になってしまうと低身長になってしまうことがあります。

不足させることなくバランスよく摂取することが大事ですね。

 

 

子供の時に にきびなどで悩むお子さんも多いですよね、肌のケアもしつつ成長を促進できるなんて亜鉛の効果ってすごいです。

 

スポンサーリンク

亜鉛の効果はわかったけど、亜鉛って何なの?

 

亜鉛っていったい何だろう?と疑問に思うことがあります。

鉛(なまり)ってつくくらいだから鉄分と関係がありそうな気もしますね。

 

 

亜鉛は原子記号30の金属元素で必須ミネラル(無機質)16種の一つになります。

多くの酵素に含まれていて遺伝子発現、たんぱく質合成など細胞の成長と分化に中心的な役割を果たすものになります。

 

 

亜鉛のはたらきは、食品から摂取して消火により生じるアミノ酸、有機酸、リン酸などと複合体を形成して小腸から吸収されてアルブミンと結合して門脈を経由して肝臓に運ばれます。

 

体内に亜鉛は約2000mg存在しています。

体内では作ることができないので食事から摂取する必要があります。

 

亜鉛を多く含む食品

亜鉛は体内では作られないので、食事で効率よく摂取していきたいですよね。

亜鉛が、どんな食材に含まれているかというと、たんぱく質を含む肉、魚介類、大豆製品に多く含まれています。

簡単にですが、亜鉛が含まれている食材の一部を紹介します。

 

(100gあたりの亜鉛含有量)

・豚レバー     6.9mg

・皮なし鶏モモ肉  2.0mg

・牛モモ肉の赤身  4.4mg

・牡蠣       13.2mg

・生ホタテ     2.2mg

・シジミ      2.1mg

・うなぎ      2.7mg

・納豆       1.9mg

・高野豆腐     5.2 mg

 

これだけではなく亜鉛が入っている食品はほかにも数多くあります。

 

 

例えば、亜鉛が多く入っている牡蠣のグラタン(チーズとの組み合わせもいい)や、レバーの焼き鳥などにすると子供には食べやすくて亜鉛もよく摂取することができます。

他にもサーロインステーキや高野豆腐にも多くの亜鉛が入っているので照り焼きにしてみるとおいしく食べられます。ちょっと高価な物が目立ちますね。

 

 

亜鉛はサプリメントでも摂取はできますが、なるべく食事からとるようにしたいですね。

スポンサーリンク

亜鉛の必要な量の1日の目安はどれくらい?

亜鉛は1日どのくらいとればいいのでしょうか?

 

(子供の1日に必要な亜鉛の推奨量)

・6~7歳  男女とも5mg

・8~9歳  男子6mg 女子5mg

・10~11歳 男女とも7mg

・12~14歳 男子9mg 女子8mg

・15~17歳 男子10mg 女子8mg

 

小学生のお子さんでしたら、豚レバーや納豆などで半分くらいは補えそうですね。

シジミのおみそ汁などは最近ではインスタントのものもありますので、汁物をちょっと足したいときなどは良さそうですね。

 

スポンサーリンク

注意!亜鉛はとりすぎると逆に危ないです!

 

亜鉛は身長が伸びる成長期には特に大事な栄養素になりますが、亜鉛がいいからと摂りすぎてしまうのも危険なのです。

亜鉛を多く摂りすぎているといわれる量は1日150mgから450mgになります。

過剰摂取をしてしまうと次のような症状が起こることがあります。

 

〇腎機能障害
頻尿・血尿などの症状

〇消化器官障害
腹痛・嘔吐・下痢などの症状

〇免疫機能の低下
感染症の発症リスクの高まり

〇銅の吸収の阻害
貧血、神経障害、だるい、筋肉の低下、うつ症状

不足しても 摂りすぎても体調に変化を起こしてしまいます。

摂取量には十分に注意をする必要があります。

 

 

とは言っても、一日に150mgはなかなか取れる量ではありませんね、例えばウナギは100gあたりに2.7mgの亜鉛が含まれていますので150mgとるためには

ウナギを7kg

食べなければなりません、無茶ですよね(笑

普段の食事にちょっと意識的に足すくらいでよさそうです。

 

スポンサーリンク

亜鉛についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

亜鉛は子供の身長を伸ばすためには必要な栄養素あることがわかりました。

亜鉛は摂取量に気を付ける点があるので注意したいところです。

亜鉛が含まれている食品は数多くあるので意識をして普段のおかずに取り入れてみるといいですね。

 

 

亜鉛には吸収を促進する成分のある食物があります。梅干しやレモンに含まれているクエン酸、ビタミンC、動物性たんぱく質です。

クエン酸は亜鉛やミネラルと一緒にとると吸収の促進になります。

例えば、牡蠣フライにレモンをかけるとか、梅と鶏肉を合わせて食べてみるのもいいですね。

 

 

亜鉛について知りたいときはぜひ参考にしてみてください。

子供の身長が気になるお母さんへ

\\今なら84%OFFの商品や人気のあの商品も!//

毎日、子供の為に栄養を考えて食事を作るのは大変ですね?

 

それでも、子供にはおいしいものを食べてもらいたいし

好きなものを食べさせてあげたいですね?

 

新しいレシピを覚えたり、食材のやりくりも大変です。

毎日、頭を悩ませて献立を考えるのはつらいですね?

 

不足しがちな栄養素はサプリメントに任せて楽しくご飯を作りましょう!

好き嫌いの多いお子様を持つお母さんの為に

 

おいしいと評判のもの

色々な味が楽しめるもの

普段の食事に混ぜるだけの簡単なのものまで

 

いろいろなサプリを探してきました!

 

\\今なら84%OFFの商品や人気のあの商品も!//

きっとお子さんのお気に入りになるものが見つかりますよ。

 

子供の身長を伸ばすオススメサプリの選び方

 
食事・栄養
スポンサーリンク
シェアしていただけると幸いです。
フォローする
お子散歩

コメント

タイトルとURLをコピーしました