小学生の平均身長は?女子の場合はどれくらいなの?

子供の身長について

小学生女子の平均身長ってどのくらいかご存知でしょうか?

ある程度は学校からもらう資料などで情報を得て、把握している人もいるかもしれませんね。

 

しかし、自分の子の身長が周りの子と比べて小さいと、もしかしたらうちの子は成長が遅いのかも?と心配に思う方もいるでしょう。

特に、年下の子と比べて自分の子のほうが低かったりすると、余計不安に感じますよね。

 

女の子だし小さくてもいいかな・・・と、大人になったらある程度の諦めはつきますが、できるなら大事な成長期に可能な限り身長が伸びてほしいというのが親心だと思います。

 

本記事を見て小学生女子の平均身長などを知っておけば、自分の子の身長が周りと比べてどうかがわかります。

 

では、これから小学生女子の平均身長について、調べてみたことをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

小学校1年生の時と6年生の時の平均身長は?

こちらの小学生女子の平均身長をご覧ください。

 

小1 → 115.6㎝

 

〇小2 → 121.5 ㎝

 

〇小3 → 127.3 ㎝

 

〇小4 → 133.4㎝

 

〇小5 → 140.1㎝

 

〇小6 → 146.8㎝

 

女子の小学校1年生と6年生の差は31.2㎝です。

 

小学校1年生の時点で平均115.6 ㎝で、

そこから小学校6年生の時点では平均146.8㎝になるため、6年間で30㎝以上身長が伸びていることになります。

 

個人差はありますが、小学校にいる6年間ではグングン身長が伸びることに期待できる時期です。

特に早生まれだったりすると身長には大きな差ができてしまいますね。

 

身長は遺伝的なことだけではなく、生活習慣が大きく関係しています。

なので、順調に身長を伸ばすには栄養・運動・睡眠といった生活習慣を整えることが大切になります。

小学生のうちによく栄養をとりつつ、運動をして十分な睡眠をとることを意識したいですね。

 

身長を伸ばすのに必要な栄養素や睡眠についてはこちらを参考にしてみてください!

↓↓↓

小学生の身長を伸ばすにはどんな栄養が必要なの?

小学生身長を伸ばすに必要な睡眠時間と家族のどんなサポートとは?

 

 

また、身長が伸びる仕組みについても調べたのでご紹介します。

骨端線(こったんせん)

調べてみますと、骨端線とは子ども特有の成長軟骨を意味しているもので、腕や足といった長い骨の両端にあるものだそうです。

この骨端線の部分が伸びるため、子どもの身長が伸びるということになります。

 

骨端線の部分は大人になると堅い骨になってしまい、女子の場合は15歳前後で固まってしまうと言われています。

固まると骨は伸びないので、大人になると背が伸びなくなるのはこのためです。

 

女性ホルモンの働き

女子の成長期は女性ホルモンの働きにも重要な関係があります。

 

成長期を迎えた女子は女性ホルモンが分泌されます。

女性ホルモンは成長ホルモンを介し、身長伸びろ!と働きかけるそうです。

しかし、その後女性ホルモンは分泌量が多くなると、骨に身長の伸びを停止させるような働きをします。

 

 

つまり女子は、小学生のうちに女性ホルモンが素早く増加することで、身長がグングンと伸びますが、

中学生頃には女性ホルモンが骨に働きかけるので、身長の伸びは収まっていきます。

 

 

身長が伸びる仕組みの一つとして、男子・女子共に女性ホルモンの働きが深い関係にあるのです。

 

スポンサーリンク

女の子の身長は小学4年生あたりが伸びのピーク

女の子の身長がよく伸びるのは10歳になる小学校高学年の4年生くらいがピークになります。

上記の「女性ホルモンの働き」でも述べましたが、高学年くらいの時期に女性ホルモンが増加するためです。

 

もちろん個人差もありますが、小学4年生から5年生までの1年間で平均6.7㎝ほど身長が伸びると言われています。

 

ちなみに、9歳の小学3年生までの生活の習慣で身長の伸び方に変化があると言われています。

個人差が影響してくるのは小学3年生までの過ごし方次第になりそうです。

 

もし自分の子が順調に身長が伸びているようであれば、カルシウム類などの栄養分もしっかりとれていることでもありますね。

 

女子バレーなどをしている子は身長が伸びたりしやすいイメージもありますね。

 

小学校高学年に入ってくると体も大人になるための準備が始まります。身長が伸びやすい、いわゆる「思春期」の時期です。

 

この時期に周りとの身長の差を感じてしまうと不安に思う事もあるかもしれません。

 

しかし、思春期には個人差が生まれやすいので、今すぐ不安に思う必要はありません。

 

思春期は女子だと平均で9歳と9か月だと言われています。

ただ、10歳過ぎに思春期を迎えることも十分にありえます。

 

なので、あまり周りの子との差を気にして、焦ることはありません。

 

 

また、親として身長が伸びる環境を作ってあげることも必要になります。

よい生活習慣で過ごせるよう心がけてあげれば、成長期にすくすくと身長が伸びることにつながるでしょう。

 

 

ただ、それでもあまりに心配な場合は専門医に相談してみましょう。

 

スポンサーリンク

小学生の女の子の平均身長についてのまとめ

いかがでしたか?

 

考えてみると6年間で30㎝も身長が伸びるということは本当にすごいことですよね。

 

自分もそうやって大人になってきたのだと振り返ると、小学生時代は本当に大事な成長期だったのだとつくづく感じます。

大人になった今、自分の小学生の時の身長を確認してみたくなってしまいました。

 

小学生は本当に身長が伸びやすい時期です。

特に女子は男子に比べても大きくなりやすい時期になります。

 

しかし、そんな中でも個人差は必ず生まれます。

親として焦らず、子どもの成長を見守ってあげてください。

 

小学生の平均身長が気になったとき、自分の子の成長に悩んだ時にはぜひ本記事を参考にしてみてください。

身長が伸びる仕組みを理解し、我が子の成長をサポートしてあげましょう!

子供の身長が気になるお母さんへ

\\今なら84%OFFの商品や人気のあの商品も!//

毎日、子供の為に栄養を考えて食事を作るのは大変ですね?

 

それでも、子供にはおいしいものを食べてもらいたいし

好きなものを食べさせてあげたいですね?

 

新しいレシピを覚えたり、食材のやりくりも大変です。

毎日、頭を悩ませて献立を考えるのはつらいですね?

 

不足しがちな栄養素はサプリメントに任せて楽しくご飯を作りましょう!

好き嫌いの多いお子様を持つお母さんの為に

 

おいしいと評判のもの

色々な味が楽しめるもの

普段の食事に混ぜるだけの簡単なのものまで

 

いろいろなサプリを探してきました!

 

\\今なら84%OFFの商品や人気のあの商品も!//

きっとお子さんのお気に入りになるものが見つかりますよ。

 

子供の身長を伸ばすオススメサプリの選び方

 
子供の身長について
スポンサーリンク
シェアしていただけると幸いです。
フォローする
お子散歩

コメント

タイトルとURLをコピーしました