小学生の食事に添加物は危険?気を付けなければならないポイントは

食事・栄養

添加物と聞くと体によくないというイメージが強いのではないでしょうか?

 

特に子供には控えさせたいと考えているお母さんも多いと思います。

 

安全な食品を子供に食べさせてあげたいものですよね。

 

 

そこで食事に添加物は危険なものか、気を付けないとならないことをまとめてましたので、添加物に対する詳しく知ることによって家族が安心して食事ができるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

小学生の食事に添加物は危険?

子供の食事に添加物が入っていると気になってしまいますよね。

 

食品添加物とは何か

食品添加物とは何かを知っていますか?

 

食品の製造過程、または食品の加工や保存の目的で食品に添加、混和などの方法によって使用するものと定義されているものです。

 

通常の食品に使われている「一般食品添加物」、植物、動物から抽出された「天然香料」があります。

 

子供への添加物の影響

子供が添加物を摂りすぎてしまうと次のような体の影響が出ることがあります。

・味覚障害・・・味がわからなくなりやたらとマヨネーズやソースなどを使いたがる

 

・がん・・・着色料、保存料、酸化防止剤、粘料に含まれる

 

・成長不順、免疫障害、神経障害・・・保存料(安息香酸Na、ソルビン酸Kなど)

 

・肝機能障害、脳腫瘍・・・甘味料(アスパルテーム、サッカリンNa、スクラロールなど)

 

・胃への刺激・・・漂白剤)亜硫酸Na、亜塩素酸Na、過酸化水素など)

子供にとって特に成長の妨げになるような添加物は避けたいですよね。

 

味覚障害などが起こってしまったらせっかく作ったご飯がおいしいって感じられなくなってしまいます。

 

それはとてもつらいですよね。

 

こんなものにも添加物が入っている

 

添加物が多くのトラブルの原因になってしまうというのは分かりました。

 

では、どんなものに添加物が使われているのか?が気になりますよね。

 

毎日気軽に食べているものにも添加物が入っていることを知っておきましょう。

 

・ハムやウィンナーソーセージ ・・・肉の色を保つのに発色剤の亜硝酸ナトリウムを添加しています。亜硝酸ナトリウムは毒性が強く、多量な摂取をすると嘔吐や動悸、血圧降下など中毒症状になることも。発色剤を使用していないものを選ぶと安全です。

 

・清涼飲料水・・・砂糖の代わりに合成甘味料であるアスパルテーム、スクラロールが含まれます。甘味はすっきりしますが成長遅延や健康上の不安が多くあります。

 

・ガムやミントタブレット・・・香料や人工甘味料を使用しています。ガムには虫歯になりにくい成分が入っているものもあります。食べる量に注意が必要です。

 

・ポテトチップス、シリアル・・・変色や酸化を防ぐ酸化防止剤が入っています。がんや神経系の問題を起こすことが研究でもわかりました。

 

・駄菓子類・・・タール色素、カラメル色素などの着色料が使われています。タール色素は発がん性の疑いがあります。

 

いずれも子供が大好きなものばかりですが多くに添加物が使われています。

 

 

スポンサーリンク

余分な添加物を子供に与えないようにするために気をつけるポイント

子供に添加物を控えさせるためにはどういうことに気を付ければいいのでしょうか?

 

無添加の食材をできるだけ選ぶようにしていきましょう。

 

それでも、完全に添加物を摂らないでいることは難しいと思います。

 

添加物をとっても問題ないとされる量が分かれば、そこまで神経質にならなくても安心できますね。

 

 

添加物を減らすには

添加物を減らすためには、無添加のものを選んで買い物をすることです。

 

調味料にも添加物がほとんど入っているものばかりです。

 

無添加のものを使い、自分で合わせ調味料をつくってみることも添加物を減らす方法の一つですね。

 

無添加を選ぶポイントは

大豆類(豆腐、油揚げ、納豆)・・・有機無農薬大豆100%

 

パン・・・イーストフードを使用していないもの、乳化剤、発行調味液使用を避ける

 

お茶・・・着色料のないもの

 

たらこ・・・発色剤、着色料、アミノ酸が含まれないもの

 

ハム・ソーセージ類・・・発色剤、ソルビン酸K、コチニール色素を使わないもの

 

ヨーグルト・・・生乳100%のものがよい

 

チーズ・・・ナチュラルチーズがよい(ほかには添加物が含まれているものがある)

 

そばやうどん・・・リン酸塩、プロピレングリコールを使用していないもの

 

袋ラーメン・・・リン酸塩、プロピレングリコールを使用していないもの

食品表示をよく見なくてはなりませんが、子供には安全なものを食べさせてあげられますし大人にも安全だという意識をするとよいですね。

注意する食品添加物

どんな食品添加物が危険なのでしょうか?

 

食品表示を見て次のものが入っているものには気を付ける必要があります。

 

・酸化防止剤・着色料

・保存料・漂白剤

・発色剤・防カビ剤

・粘料・甘味料

・調味料

 

注意する点としては膨張剤、香料と用途名のみの記載は比較的に毒性が低いです。

 

用途名と物質名が記載されているときは毒性が高い物とされます。

 

 

添加物の摂取量について

子どもが年間で添加物を摂取している量は1歳~6歳で平均4kgと言われています。

 

子供なのにすごい量で驚きますよね。

 

大人だと平均6kgも摂取しているんです。

 

その中には害があるものも含まれています。

 

さらに驚くことに日本には食品添加物の種類が約1500種類もあるんです。

 

添加物にあまり神経質になりすぎても疲れてしまいますよね。

 

1年で平均4kgする摂取というのは「1日あたりおよそ11g」という計算になります。

 

 

添加物には摂取許容量は添加物の種類によって定められていますので、一概に「一日〇gまでなら大丈夫です。」とは言えません。

この一日摂取許容量(ADI)は動物実験によって有害な影響が見られない量の100~1000分の1となっています。

 

添加物は体によくないと思って、無理して添加物を一切取らないようなのも大変ですよね。

まずは普段買っている食品の添加物にどのようなものを使われているのかを知って、少しづつ添加物の少ないものに切り替えていくというので十分でしょう。

スポンサーリンク

小学生の食事に添加物は危険?まとめ

添加物を完全には避けることは難しいと言えます。

なるべく自分で出来る限り避けられるものは避けたいものですよね。

 

最後にまとめます。

・小学生の食事に添加物は危険?
→・食品添加物とは何か
子供への添加物の影響
こんなものにも添加物が入っている・余分な添加物を子供に与えないようにするために気をつけるポイント
→・添加物を減らすには
注意する食品添加物
添加物の摂取量について

添加物は子供だけではなく私たち大人も気を付けなくてはいけませんね。

 

安全性が認められている食品添加物は一般の食生活で摂取する程度の量では体には害はないとされています。

 

しかし、子供は免疫機能が未発達のためあまり多くの食品添加物を摂り続けるのはアレルギーや健康に問題がでてくることもあります。

 

子供にはできるだけ添加物の摂取を減らすように心がけることも大切ですね。

小学生の身長を伸ばすにはどんな栄養が必要なの?必要な栄養素まとめ
小学生の身長を伸ばすのに必要な栄養素をどれくらいご存じですか? 子供の身長が伸びないと栄養が十分にとれていないのかなと心配なってしまいますよね。 毎日努力していろいろなものを作ってあげているつもりなのに・・・と思うかもしれせん。 身長を伸ばすためにも栄養があるものを食べさせ...
小学生の子供の身長を伸ばす為の食事は?どんなことに気を付けたらいいの?
子供が小学生になると、1年で身長が何センチ伸びたのか、というのがとても気になってきますよね。 小学中高年になってくると、身長がどれぐらい伸びたのかというのが一つのステータスとなり、特に気になってくる年頃になるかと思います。 少しでもお子様の身長が伸びるようにと思っているご両親の方も多いと...

子供の身長が気になるお母さんへ

\\今なら84%OFFの商品や人気のあの商品も!//

毎日、子供の為に栄養を考えて食事を作るのは大変ですね?

 

それでも、子供にはおいしいものを食べてもらいたいし

好きなものを食べさせてあげたいですね?

 

新しいレシピを覚えたり、食材のやりくりも大変です。

毎日、頭を悩ませて献立を考えるのはつらいですね?

 

不足しがちな栄養素はサプリメントに任せて楽しくご飯を作りましょう!

好き嫌いの多いお子様を持つお母さんの為に

 

おいしいと評判のもの

色々な味が楽しめるもの

普段の食事に混ぜるだけの簡単なのものまで

 

いろいろなサプリを探してきました!

 

\\今なら84%OFFの商品や人気のあの商品も!//

きっとお子さんのお気に入りになるものが見つかりますよ。

 

子供の身長を伸ばすオススメサプリの選び方

 
食事・栄養
スポンサーリンク
シェアしていただけると幸いです。
フォローする
お子散歩

コメント

タイトルとURLをコピーしました