子供の成長にタンパク質はどんな働きをしてくれるのか?

食事・栄養

「タンパク質」を詳しく説明することができますか?

普段から耳にしたり口にしたりするタンパク質とはどんな栄養素なのでしょうか。

成長期の子供にはどのくらい必要なのか、不足してしまうとどうなるのかなど疑問に思うことはありますよね。

 

 

うちの子供にはタンパク質をとらせているからと安心していませんか?

多すぎたり少なすぎたりしてもだめなんです。

それではタンパク質について調べてみましたのでご紹介いたしますね。

 

 

スポンサーリンク

タンパク質ってどんな効果があるの?

タンパク質には体にいったいどんな効果があるのでしょうか?

具体的にタンパク質を摂っているからどこの調子がいいのかはなかなか実感ができないとろだと思います。

そこでどんな効果があるのか知っておくと食事への意識も変わってきますよね。

そんなタンパク質についての効果を見ていきましょう。

 

 

体を構成するたんぱく質は毎日作り替えられています。

体内で合成と分解が繰り返されています。

食事から摂取する新しいタンパク質を利用して再生されるのです。

タンパク質を摂取することで筋肉量などが上がります。

健康を意識するうえではタンパク質は必要な栄養素になります。

 

 

タンパク質が不足すると・・・

筋タンパク質が分解された場合はその修復のため合成量を増やす必要があります。

ダイエットなどで脂肪を気にすることで肉や卵、魚などの主菜を控えめにすることでタンパク質が不足していきます。

タンパク質が足りないと、血流も悪くなり、代謝が落ち、脂肪も燃えにくくなるのです。

 

 

子供が極端に不足するようなことはないかもしれませんが日頃のバランスのよい食事が大事になってきますね。

 

 

スポンサーリンク

タンパク質って何?

タンパク質とはそもそも何なのでしょうか?

なんとなくわかっているようなつもりでいても説明しにくいですよね。

タンパク質にはどんなものがあるのかをわかっておくと栄養バランスも考えるようになっていくと思います。

 

 

人間の体の60%は水分で15%から20%はタンパク質でできています。

タンパク質により、臓器や筋肉、肌、髪の毛、爪、体内のホルモンや酵素、免疫物質を作り、栄養素の運搬を行ってそれからタンパク質は微量でありながらもエネルギー源になっています。

 

 

タンパク質はアミノ酸によってつくられる
タンパク質は多数のアミノ酸が結合されてできています。

すべてのタンパク質は20種類のアミノ酸の様々な配列により構成されています。

20種類のアミノ酸のうちの9種類が必須アミノ酸と言われています。

 

 

体内で作られないことで食事からの摂取をする必要があります。

他の11種類は体内から作り出すことができています。

筋肉はタンパク質で作られています。

筋肉をよくするにはビタミンBと一緒にタンパク質をとるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

タンパク質の必要な量の1日の目安はどれくらい?

1日タンパク質はどのくらい必要なのか考えながら食事をしたことはありますか?

毎日意識してとるのもけっこう大変なことですよね。

子供の成長を考えたときに、不足にはならないようにはしたいものです。

 

 

毎日の活動を高めるのにはタンパク質バランスで栄養を摂取することが大切です。

1日に必要な子供のタンパク質の量はこちらになります。

 

〇子供が必要なタンパク質の平均必要量

・6~7歳・・・男子女子とも25g

・8歳~9歳・・・男子35g、女子30g

・10歳~11歳・・・男子40g、女子40g

・12歳~14歳・・・男子50g、女子45g

・15歳~17歳・・・男子50g、女子45g

 

だいたい体重1kgにつき1g程度で1食につき20gを目標にとるようにします。

注意点は、肉を70gとったから70gタンパク質が含まれているわけではありません。

それぞれの食品のタンパク質量をチェックする必要があります。

 

〇食品のタンパク質の量

〇大豆や乳製品、卵
・納豆1パック・・・6.6g    ・ヨーグルト1皿・・・1.8g

・牛乳1杯・・・6.6g ・チーズ1枚・・・4.1g

・豆腐1/3丁・・・4.9g ・卵1個・・・6.8g

〇肉や魚類

・牛ひき肉70g・・・12.0g ・鶏むね肉4/1枚70g・・14.9g

・牛肉肩ロース70g・・・11.3g ・豚肉肩ロース70g・・・12.4g

・豚ひき肉70g・・・11.3g ・鶏モモ肉70g・・・11.0g

・鮭1切れ・・・15.7g ・ツナ缶70g・・・12.4g

〇その他

・ごはん120g・・・3.0g ・食パン6枚切り1枚・・・5.6g

 

他にも多くありますが子供にも気楽にとりやすい食品ばかりです。

だいたいの量さえわかっていればどのくらいタンパク質が取れているのかもわかりますよね。

それぞれの栄養素をバランスよく食べることが大切になってきます。

 

 

スポンサーリンク

タンパク質についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

子供の成長初期の段階でタンパク質が不足すると成長に大きな影響がでてしまいます。

体力もなくなり、脳の発達にも影響してきてしまうのです。

 

 

タンパク質を摂りすぎたときに起きてしまうのは肥満、腎臓負担、脱水症状など症状がでることがあります。

普段の食事からはとりやすいタンパク質ですが量にも気を付けていくことが大事ですね。

 

 

タンパク質について詳しく知りたいときはぜひ参考にしてみてください。

子供の身長が気になるお母さんへ

\\今なら84%OFFの商品や人気のあの商品も!//

毎日、子供の為に栄養を考えて食事を作るのは大変ですね?

 

それでも、子供にはおいしいものを食べてもらいたいし

好きなものを食べさせてあげたいですね?

 

新しいレシピを覚えたり、食材のやりくりも大変です。

毎日、頭を悩ませて献立を考えるのはつらいですね?

 

不足しがちな栄養素はサプリメントに任せて楽しくご飯を作りましょう!

好き嫌いの多いお子様を持つお母さんの為に

 

おいしいと評判のもの

色々な味が楽しめるもの

普段の食事に混ぜるだけの簡単なのものまで

 

いろいろなサプリを探してきました!

 

\\今なら84%OFFの商品や人気のあの商品も!//

きっとお子さんのお気に入りになるものが見つかりますよ。

 

子供の身長を伸ばすオススメサプリの選び方

 
食事・栄養
スポンサーリンク
シェアしていただけると幸いです。
フォローする
お子散歩

コメント

タイトルとURLをコピーしました